「実習実施者等から失踪した技能実習生」に係る調査結果に対する声明を公表しました

 協力団体の外国人技能実習生問題弁護士連絡会が、本日、「「実習実施者等から失踪した技能実習生」に係る調査結果に対する声明」を公表しましたので、お知らせします。
 詳細は、下記よりご覧ください。
実習実施者等から失踪した技能実習した技能実習生に係る調査結果に対する声明

広告

「新たな外国人労働者受入れ制度に対する声明」を発表しました。

外国人労働者弁護団では、本日、「新たな外国人労働者受入れ制度に対する声明」を発表しました。
声明は、以下よりダウンロードしてご確認ください。
新たな外国人労働者受入れ制度に対する声明

「技能実習生はもうコリゴリ~ベトナム人の声」動画をアップしました

山村淳平医師が制作し、外国人労働者弁護団も制作に協力した
「技能実習生はもうコリゴリ~ベトナム人の声」が完成しました。

制作者にご許可頂き、youtubeにもアップしましたので、
ぜひご覧頂くとともに、
身近にベトナム出身の技能実習生がいらしたらご紹介頂ければ幸いです。

【ご案内】シンポジウム「実習生弁連の10年と今後の取組み」

各位
 いつもお世話になっております。
 外国人技能実習生弁護士連絡会(実習生弁連)では,来る7月14日(土),下記のとおり,設立10周年シンポジウムを開催致します。
 詳細は,添付のチラシをご覧頂ければ幸いです。
 
 技能実習制度については、従来から、国際貢献という制度目的と実態の乖離、労働関係法令違反、人権侵害、中間搾取、送出し国における保証金・保証人・違約金契約といった様々な問題が指摘されてきました。
 実習生弁連は、2008年、研修・技能実習制度で就労する労働者の権利を擁護するために、弁護士有志によって設立されました。2009年の入管法改正によって、新しい技能実習制度が導入されましたが、上記のような労働問題や人権問題が多数発生しました。そのような状況のもと、同制度を拡大する技能実習法が、2017年11月1日に施行されました。
 実習生弁連では、設立10周年という節目となる今年、設立10周年記念シンポジウムを開催いたします。シンポジウムでは、これまで実習生弁連が取り組んできた事件を振り返り、現行の技能実習制度についてをおさらいした後、現場で実習生の支援にあたっている方々からご報告を頂きます。その後、パネルディスカッションにおいて、同制度の問題点が新法施行により解消されているのか検証し、また、あるべき外国人受入制度について議論します。

 日時:7月14日(土),14時~16時30分 (開場:13時45分)
 場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室
    (小田急線「参宮橋」駅徒歩7分)
 資料代:500円(当日会場でお支払い下さい) 

外国人技能実習生問題弁護士連絡会共同代表 指宿昭一

実習生弁連10周年シンポジウムご案内
実習生弁連10周年シンポジウム参加申込用紙

「だまされるな!技能実習生(ベトナム編)」英語版 Don’t be deceived! Technical Intern – Vietnam Version 動画をアップしました

山村淳平医師が制作し、外国人労働者弁護団も制作に協力した
「だまされるな!技能実習生(ベトナム編)」の英語版が完成しました。

制作者にご許可頂き、youtubeにもアップしましたので、
ぜひご覧頂くとともに、
身近にベトナム出身の技能実習生がいらしたらご紹介頂ければ幸いです。

動画をアップしました

山村淳平医師から日本における外国人収容の状況を記録した動画をご提供頂きまし
た。
ご許可頂き、youtubeにもアップしましたので、ぜひご覧ください。

『入管で起きたこと~暴行、そして強制送還』(2007年制作)日本語版

『収容と仮放免状態で苦悶する日々』(2015年制作)日本語版

『スリランカ難民申請者の集団送還』(2015年制作)日本語版